GUNの備忘録

なんでも忘れないように書いておくよ

*

VisualBasic6(VB6)のOCX作成時のアイコン

   

いまさらながらVisualBasic6.0(VB6)でのユーザコントロール作成時のツールボックスのアイコンと、デザイン時に配置した際のOCXのアイコンなどについて備忘録です。

VB6にてユーザコントロール(OCX)を作成した際、なにもしないとそれを他のプロジェクトで使用するときに、ツールボックス内ではデフォルトのアイコンになり、フォーム上にそのユーザコントロールを配置しようと思うと四角いグレー一色の四角形が張り付いてしまいます。

vb6ocx01

これをきちんと画像がでる状態にします。

OCXのユーザコントロールのプロパティの中の「ToolboxBitmap」の欄の右側の「…」を押し、ここでツールボックスの中に表示される画像ファイルをセットします。

vb6ocx02

vb6ocx03

この状態でOCXを作成し、他のプロジェクトでコンポーネントに追加すると、下のようにツールボックス上に設定した画像ファイルが表示されます。
vb6ocx04

しかし、これをフォーム上へ配置すると、ただの四角いグレーになります。
vb6ocx05

これを画像を表示するようにしていきます。
再びOCXのプロジェクトに戻り、プロパティの中の「Picture」部分で画像ファイルを指定します。vb6ocx06

これで、OCXプロジェクトの中では画像が表示されると思います。
しかしこれだけではやはり先ほどと同じで、デザイナ上では四角いグレーが配置されるのみとなります。
vb6ocx07

上記作業をやったのち、OCXのコード部分に、以下のような記述を追加します。
vb6ocx08

以上の作業が終わったらOCXを作成し、別プロジェクトに配置してみてください。
vb6ocx09

これで、デザイナ上でも画像が表示されるようになりました。

結論としては、デザイナ上で画像を表示させようと思うと、表示用のコードを書く必要があるということでした。

検索してもなかなか出てこないので調べてまとめておきました。
ではでは。

 - PC, PCソフト, Windows, プログラミング