GUNの備忘録

なんでも忘れないように書いておくよ

*

本日の作業

   

昨日~今日の朝まで
第3章 人
民法21条 制限行為能力者の詐術~32条の2 同時死亡の推定まで読了

本日正午~
85条 物~
・物の種類・・・可分物と不可分物、特定物と不特定物、不動産と動産
86条 土地及びその定着物は不動産とする
86条の2 不動産以外のものは全て動産とする
86条の3 無記名債権は動産とみなす。

87条 主物と従物
 ①主物の常用に供せられていること→主物の経済的な公用を継続的に助けるような物
 ②特定の主物に付属すると認められる程度の場所的関係にあること→余り離れていてはいけない
 ③主物から独立した物であること→主物の一部となっているものではダメ。
 ④主物と同一の所有者である必要がある。

88条 天然果実と法定果実
89条 果実の帰属
   天然果実→元物から分離するときに収取する権利を有する物に帰属する。
   法定果実→収取する権利の存続期間に応じて日割り計算により取得する。

第4章 法律行為
 法律効果、法律要件、法律事実
 法律要件が整えば、法律効果が発生する。
 法律要件→法律事実から構成される。

555条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

 法律行為とは意思表示を要素とし、人が一定の法律効果を発生させようとしてなす行為。
 契約がその典型。

 法律行為→単独行為、契約、合同行為

 法律行為の有効要件→6つ

第90条 (公序良俗に反する事項を目的とする法律行為の無効)

第5章 意思表示

 

 - 未分類